治療の効果をわかりやすく解説します!

薬を利用すると発毛サイクルが正常化する

今行われている薄毛治療の大半は、飲み薬の服用による治療法です。AGA、男性型脱毛症と言われる症状の原因として,男性ホルモンが影響しているとされています。男性ホルモン自身が直接影響しているわけではないようですが、男性ホルモンが関わる成分が頭髪の発毛サイクルを乱しています。男性ホルモンを抑えれば発毛サイクルの乱れが収まり、発毛サイクルが正常化してきます。薬を飲んですぐに効果が出るわけではなく、3箇月ほどで少しずつ実感ができてきます。まず脱毛が減り、しばらくするとこれまで生えていなかったところから毛が生えて来ます。半年から1年ぐらい経過すると、治療前に比べて毛量が増えている実感が出てきます。効果を得るには継続的に薬を飲み続けます。

男性ホルモンンの影響を受けにくい毛根を移植

男性の脱毛の仕方がある程度決まっています。おでこの上の前頭部からどんどん薄くなるパターンと、頭頂部から丸く薄くなるパターン、両方が同時に薄くなるパターンです。この時側頭部や後頭部はそれほど薄くなりません。これは、男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れが起きやすい毛根と起きにくい毛根があるためとされます。そこで取られる治療方法として自毛植毛があります。男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部などの毛根を採取してそれを薄くなっている部分に植毛します。植毛後に一旦髪の毛は抜けますが、その後定着すると生えてきます。生えそろうまでには多少期間がかかるものの、一旦生えそろえばそれ以降は投薬などの治療をしなくても毛量をキープできます。

女性の薄毛の病院では抜け毛や脱毛を診察します。一人ひとりに合った最適な治療方法で薄毛を改善できます。

関連まとめ